仕事 辛い うつ

仕事で辛いうつ?と思うことはある。

仕事 辛い うつ
仕事 辛い うつ
仕事が辛い状態でうつかも知れないと悩んでいるのですね。

 

病院に行って診断されたというわけではないけれど、自分で自分の症状を考え、
鬱かもしれないと感じているのではないでしょうか。

 

仕事が辛い状態の時は、軽度でもうつのようになっても不思議ではないですから。

 

以前の私も、あなたと同じように仕事が辛い時期がありまして、
たぶん、うつになっていると感じた時期がありました。

 

とくに病院に行き、うつ病と診断されたわけではないのですが、仕事がとにかく辛い、
人間関係などに悩んでいたりして、夜に眠れない、朝起きれない、吐きそうになったり、
うつについて自分なりに調べた時、自分の症状とかなり被る部分がありました。

 

仕事が辛いと感じている人が皆、 うつかも知れないと感じているわけではないと思いますが、
仕事だけではなく辛い時期が長く続いている場合は、そうじゃなくても、うつの症状が出てもおかしくないと思います。

 

仕事量が多く、辛い想いをしている人は多いのではないでしょうか。

 

仕事の人間関係が辛いという場合にうつの症状が出るというわけではなく、
仕事量が多い、残業残業の日々に、息抜きがうまく出来ず、ストレスを蓄積していた場合も、
仕事は辛いと感じますし、うつかも知れないと感じるくらい、心が疲れてしまうことはあると思います。

 

人間関係で仕事が辛いと感じる、うつ症状の場合とは違い、仕事が忙しすぎて、プライベートな時間がない、
そのことについて辛い、考えることが多すぎてパンクしてしまうような場合の鬱状態の時は、
私が実際に感じたことなのですが、このままで良いのかというのが一番かもしれないです。

 

「周りの芝生はよく見える」と言いますが、友人に会ったりすると、
心のどこかで比べてしまい、自分は仕事しかしていない、反対に好きな仕事に没頭しているのであれば、
仕事人間になったとしても頑張れるというのはあると思いますが、
今、している仕事に疑問を感じている場合など、将来について不安になってしまう場合もあるのではないでしょうか。

 

仕事があるだけでも感謝しなくてはという考えの場合、もしかしたら仕事が辛い場合に
うつのようになることがあるのかもしれないですね。

 

仕事が辛いけど辞められないという気持ちから、うつの可能性も。

職場で必要とされているうちが花という考え方もあるかもしれないですが、
仕事が辛い、仮にうつになったとして、そこまでして今働いている職場にいなければならないのか?というのが難しいところですよね。

 

仕事が辛い時の心の対策として、 私自身がうつの症状っぽい時に心がけたことは、
今の気持ちを誰でもいいので話すということだと思います。
誰かに仕事が辛い状態だということを聞いてもらうことで、うつかも?と感じていた気持ちがスッと楽になる瞬間があると思います。

 

仕事が辛いことをなかなか話すことが出来ずにうつみたいになる人は多いと思います。

 

ある意味、誰にも辛いことを話せないんですよね。

 

なぜか恥ずかしいとか、そういう感情などもあるのも事実ですから。

 

 

page top