仲間外れ 大人

仲間外れにされる大人の心理。

仲間外れ 大人

仲間外れ 大人

仲間外れって大人の世界でもあるんですよね。

 

大きい職場などで人数が多ければ多いほど仲間同士で固まる場合もありますし、
仲間外れに自分がされているというのもしばらく気づかなかったりするくらい陰険だったり、
たぶん心理として大人も子供もそうだと思いますが、
当事者の本人たちはあまり罪の意識とかはないんじゃないかと思います。

 

人間関係のズレは性格のズレというか、友達、仕事仲間の中でもそれはあるのが当たり前ですし、
周りの友人を見ても仲間喧嘩で揉めてからあまり会わなくなったとかも聞きます。

 

あなたは仲間外れにされた者として対処法を模索していたのでしょうか。

 

仲間外れをどうにか解決する方法についての答えは自分一人では見つけられないですよね。

 

何で嫌われるのかわからない。仲間外れにされる大人の心理。

仲間外れにされる大人の心理について考えてみたんです。

 

私も何か、そんな状況の時がありました。

 

正直何で嫌われるのか、何でみくだされるのか、どうにかしたいというか、
実際は許せないからどうにかしたいという感情の方が強かったかもしれないです。

 

仲間外れにする大人の理由について、考えてみると、こんなのが出てくるんですが、
どうでしょうか、当てはまるものはありますか?

 

自分が頼りにならない
仕事が出来ない
話しずらい
態度が悪い
見た目がダメ

 

仲間外れにされる理由としては大人も子供もだと思いますが、
このような理由からですよね、きっと。

 

私の場合はですが、仲間外れにするような人間たちと無理に仕事以外で関わる必要なんてないと、開き直り、
自分が周りを仲間外れにしているような気持で、でも仕事は仕事なので大人の対応を心がけて、
どうにかその時期を乗り切りました。

 

その時は辛かったことは辛かったし、会社を辞めようとも思いました。

 

会社では無理して明るく振舞おうとしてましたし、
それでも自分が何かを話すときは周りは挨拶しても無視された李、
私が通ると目をそらされたりしました。

 

仲間外れにされないように 大人らしく振る舞おうとした私の間違い

仲間外れにされないように 大人らしく振舞おうと私自身の間違いに気がついたのは、
紛れもなく、友人の言葉でした。

 

私は仲間外れが怖いとは考えたことはないのですが、周りに良く思われたいと、
大人の振る舞いを、周りに気を遣うことだと勘違いしていた部分に気がついたんです。

 

気を遣い過ぎな私は自分が嫌われないためにはどうしたらいいのか?みたいなことを考えながら行動していたことが、
どうやら仲間外れにされた原因と言うか、少しずつ周りに距離を置かれた原因だったんだと思います。

 

友人に言われたのは、

 

「気を遣うのと気遣いが出来るのとは違う。」

 

ということでした。

 

そん時は大人の人間関係はめんどくさい!と思いましたが、冷静に自分を見つめなおし、
「悪く思われないようにするにはどうしたらいいだろう」とか考えるのを止めてみたんです。

 

そしたら、気持ちが楽になり、また少しずつ、周りにもリスペクトしてもらえるようになったみたいです。

 

私は思うんですね。

 

この世には「気の合う人」もいれば「気が合わない人」もいると思いますが、
そうじゃなくて「気の合う人」と、それ以外はその他大勢というか、
別にいいんですよ、無理しなくて。
そんな人から仲間外れにされても、それこそ大人ですから、大人の振る舞いをして、
社交辞令的に対応してやればいいんです。

 

仲間外れじゃなくて、あなたの方が仲間外れにしているくらいに考えておけば、
それで良いと思います。

 

大人の間は、考えれば考えるほど面倒になりますので、
ある意味、深く考えないことも大切だと思うんです。

 

仲間外れの状態がどうしてもキツイと言う場合は、誰かに相談してみるのが一番かと思います。

 

 

page top