夜中 起きる 原因

夜中に起きる原因、何度も起きる。

夜中 起きる 原因

夜中 起きる 原因

夜中に起きる原因について悩んでいるのですね。

 

私もそのような時期が長かったのですが、
夜中に起きる原因の一つには日々のストレスがあるのと思います。

 

今の現代では色々な悩みの幅が多くなっていると本当に感じます。

 

例えば、私の周りに多いのは育児に悩んでいる、子育てに悩んでいる、子供がもしかすると発達障害かも?
生活環境というのもあるかもしれないですが、仕事の悩みが原因で睡眠障害になっている、
睡眠時間はあるものの、眠りが浅い、夜間に起きてしまう症状、対策、方法などを探して実践しても、
これって本当に治そうとして治るようなものでもないように思います。

 

生後、間もない赤ちゃんが夜泣きでママを夜中に起こすのとは違います。

 

夜中に起きる原因、何度も起きる。

夜中に起きる原因、何度も起きるからと言って睡眠障害とは一概には言えないと思いますが、
夜中に何度も、たとえば2時間から3時間おきくらいに目が覚めて、
そこからずっと朝まで眠れないなどの場合は、やはり何らかの原因があるんだと思います。

 

私は仕事が忙しく、酷い時は休みが週に1日、もっとひどい時はそれすら休めない日もありましたので、
それが原因で睡眠障害になっていたと思います。

 

よく仕事の夢を見て、それで起きて、そこから眠れないということもよくありました。

 

周りに相談してもストレスが原因に間違いないから病院に行って睡眠薬でももらえば?的なことを言われましたが、
そこはなぜか私は拒否していたんです。

 

それをしてしまうと、それがなければダメ!という状態になるのでは?という怖さがどこかにありました。

 

ただ、夜中に何度も起きるのはストレスが原因だとしても、
今日はぐっすり朝まで眠りたいと思い、毎日布団に入っていました。

 

夜中に起きる原因の一つに。

夜中に起きる原因の一つには自律神経のバランスの乱れがあり、
そのせいで眠りが浅くなっている可能性はあると思います。

 

私の生活習慣を振り返ると、私の場合はそれだと感じました。

 

自律神経が乱れる原因にはストレスもそうですが、不規則な生活、、残業残業で寝る時間、食べる時間が遅い、
季節の変わり目の急激な温度変化というのもあるようです。

 

自律神経が乱れると、私の場合ですが耳がキンキンしたり、寝つきも悪くなりますし、
寝ている途中で目が覚め、覚醒して眠れなくなるということもあります。

 

一見、十分な睡眠時間に思えても、良質な睡眠が取れていないということで、
眠りが浅いなどの理由で睡眠不足ということになります。

 

この場合、疲れが取れなかったりするのでハッキリわかると思います。

 

夜中に起きる原因と対策

夜中に起きる原因と少しの対策として、私がしたのは寝る前にホットミルクか白湯を飲むことです。

 

何でしょう、不思議なんですが、このどちらかを飲むと温かいせいもあるのかすごく気持ちが落ち着くんですよね。

 

飲む量はコップ1杯で良いです。

 

昔から牛乳を温めると良いと聞いていましたが、温かいせいかリラックス効果があるのか、
寝つきが良くなると思います。

 

冷たい牛乳ではイマイチです、温めて飲んでみてください。

 

私も今も続けています。

 

夜中に起きる原因も分かり、何らかの対策をしても全く変わらない場合は、
やはり一度、病院で受診し、夜中に起きる原因、睡眠障害の可能性をご相談された方が良いと思います。

 

症状が続くのは良くないですから。

 

夜中に起きる原因。まとめ

夜中に起きる原因を自分で自覚し、その一つに上記でもお伝えした牛乳を温めて飲む、
あるいは白湯を飲むということをお伝えしましたが、これを続けていると少しずつ眠りも安定してくると思います。

 

夜中に起きる原因が自律神経の乱れ、ストレスだとしたら、日々のストレス解消も心がけてください。

 

夜中に起きる原因の参考になれば幸いです。

 

 

page top