仲間はずれ 心理

仲間はずれの心理。

仲間はずれ 心理

仲間はずれ 心理

仲間はずれの心理について調べていたのですね。
あなた、もしくはあなたの家族が仲間外れになっていたりするのでしょうか?

 

私も小学生の頃、意地悪されたり、仲間はずれにされたりしたことがありました。
その時の自分の心理状態もそうですが、 仲間と呼べるのか、私も含めたその時の人間関係について、
社会人になった今も、時々思い出し、考える時があるんです。

 

たぶんこれがトラウマと言うモノなのかもしれないですね。

 

自分と相手、友達の仲間はずれの心理は、私が思うに、たわいもない事で気が合わないとか、
心理学的な感じに言うとしたら、生理的に合わない印象を持った場合なのかもしれないです。
性格なども受け付けないというのも大人になってからもありますが。

 

仲間はずれの心理、あなたの場合

仲間はずれの心理として、あなたが職場や学校などで仲間はずれに合っている場合、
私の場合は無理してその輪の中に入ろうとしないことだと思います。

 

あなたが何とかしてその輪の中に入ろうとしているのが、相手達からすると見えるのだと思います。
しかし、不思議なもので、彼らの心理として仲間にしてもいいと思っているんです。
ただ、あなたからの押しが強いと逃げたくなるというか、ずらしたくなる、
そこにあまり深い意味はないのが大半だと思います。

 

私は人見知りなせいもあり、入社した当初はずっと仲間はずれ状態でしたが、
無理に仲良くしようとか、そういう気持ちを子供の頃に捨ててしまったせいで、
変な言い方をすれば向こうから仲間に入れてくれた感じだと思います。
人の心理として、気になっている相手がアクションを起こしてこないと面白くないという心理だと思います。
もっと言ってしまえば仲間はずれにされても気にしないことです。
第一、本当の仲間かもわからないですから。

 

仲間はずれの心理。子供たちの場合。

あなたの子供が仲間はずれにされている場合、その場合は私が思うに、
心理というより、あなたのお子さんを仲間外れにしたがる相手の子供の親の性格とかも関係してくるのではと思います。

 

たとえばあなたのお子さんは育ちが良い、相手は違う場合、心理として妬んだりひがんだり、
仲間はずれにしてやろうという気持ちが働くことはあるのではと思います。
もちろんすべてそうではないとですが、人の心理かも知れないですね。大人でもありますよね。

 

仲間はずれの心理は人間関係の原点にあると思うのですが、仮にそれを自分でどうにかしようとしても、
難しい部分はありますよね。
やはりトラブルはついてくると思いますし。
仲間はずれについて悩んでいる場合は、かならず近い人に相談するのが一番だと思います。
人の心理として、嫌なことは自分の中にしまってしまう人も多いと思いますが、
あまり誰にも相談できずに悩んでしまうと、あなたが辛いだけですから。

 

page top