ニート 脱出

ニートを脱出するために一度はしたほうがいいこと…。

ニート 脱出

ニート 脱出

ニートを脱出したい気持ちは山々だと思いますが、
そうならないからしょうがない、

 

「好きでニートでいるわけではない」

 

「私は私なりに、これでも努力している!」

 

そう考えて、いったんは今の状況を冷静に受け入れてみると、
何か今後、違う何かが見えてくるというのはないでしょうか。

 

私も同じような状態、ニート、プータロー、無職、こんな時がありましたが、
そういう時って、上手く言えないですが、もがいてももがいても良くならないことの方が多いんですよね。

 

就職しようと面接に行き、頑張っても頑張っても採用されない、
諦めてバイトから正社員の道を目指すも、なかなかそうならず、
途中で辞めてしまう、その悪循環に巻き込まれると、なかなか負の連鎖から抜け出すことが出来ず、
頑張っても頑張っても結局うまくいかないから、どこかで人生諦めてしまい、
気がつくと、家から出られなくなる、何をしてもダメな気がして何もしたくなくなる、
どうせダメだからと考えて何もしなくなる、そのうちすることがなくなる、
もしかするとあなたもそのような感じでしょうか?

 

ニートを脱出するために一度、開き直る!今の状況を冷静に受け入れる。

ニート 脱出

私の場合は最初の仕事がうまくいかず、転職したのがきっかけでニートになってしまったのですが、
その時、常に心に感じていたことは、

 

「恥ずかしい。」

 

「情けない。」

 

「なんで自分はこんな人生なんだ。」

 

「周りはちゃんとしているのに、どうして自分は!」

 

こんな感情が大半をしめていて、常に自分を責め、何をしようにもうまくいかない自分にイライラし、
周り、親、兄弟、友人などに当たる、こんな生活にどんどん気持ちはすさんでいったと思います。

 

そんな生活が数年続いたあと、私は急になぜか開き直ることが出来たんです。

 

「今はどう頑張ってもこんなんなんだからしょうがない!」

 

「努力したも努力しても変わらないんだからしょうがない。」

 

「今はそういう運命なんでしょう。」

 

そう思うと、少し気持ちが楽になったのを覚えています。

 

さらにその先に、こんな風に未来を想う事ができたんですね。

 

なぜそう思えたのかは私にも分からないのですが。

 

「一応、今も生きている、私は生かされている、生きているという事はなんか自分の役目がある、
誰かの約に立つ事が出来るんだろう、出来る時が来るんだろう」

 

「そのうち自分は何かの役に立つから生きている!」

 

なんかそんな風に思えたんですよね。

 

その数週間後、友人から連絡が来たんです。

 

「ウチの会社で募集してるから受けてみたら?」

 

って言われて受けたら採用されたんです。

 

今までどこを受けても採用されなかった、何をしてもダメだったのにアッサリと!

 

ニートを脱出して思う事。

ニート 脱出

私がニートを脱出して思うことは、今の状況は自分の実力とか、育ちとか、
今まで子供のころからたどってきた環境とか、状況とか、たぶん関係ないんだと思います。

 

良い時はいい、悪い時は悪いなりに過ごしていけば、いずれ状況は変わるんじゃないかと思うんです。

 

運気とかでいうなら、あんまり良くない運気だったとしたら、いずれ良い運気に変わる、
何かのチャンスが来ていると思うので、それを自分自身でどう捉えるかというのもあると思います。

 

過去に受けた面接も、ニートから脱出したいという気持ちだけで、行きたい会社だったかというとそうじゃない、
行きたくないところばかりでした。

 

好きじゃないことをせず、嫌な思いをしなくて済んだと思って、今は良かったと思えるんです。

 

上手く言えないですが、ニートを脱出したい気持ちはあるけれど、今はできない、
私はそれでいいような気がします。

 

親や他人に嫌味を言われるかもしれないですが、
食べれて、寝れて、住めてるのであれば今は深く考えないことも大切かもしれないです。

 

いつか自分で自分の状況に見切りをつける時というのは必ず来ると私は思いますので、
まずは今の自分と向き合う、一度受け入れる、開き直る、ここがニートから脱出する一つの方法、
カギのなるような気がします。

 

ニートっていう響きが良くないですよね。まず、ネガティブですからね、

 

そうじゃなくて、いずれ裕福になるための大切な時間、今後、道を決める、
何をするかじっくり考える時間とでも考えてみるのはどうでしょうか。

 

何かを見つけるに遅すぎることはない、私はそう思います。

 

 

今は親や周りに迷惑をかけてしまっているとしても、後で返せばいいだけの事です。

 

後で必ず恩を返す!子の気持ちだけは忘れずに、
笑顔で元気に今日をまず過ごしましょう!

page top